【ダイエット】基礎代謝と上げる5つ方法!メタボ気味の僕がその5つの方法にチャレンジする!・・・つもりです。

突然ですが、基礎代謝を上げる5つの方法があるそうです。

 

基礎代謝を上げるとエネルギー消費率がアップし、肥満になりにくい体になるそうです。

 

残念ながら若干メタボ気味の僕はすでに肥満中年です。肥満児ではなく肥満中年です。今のところ僕は完全なる肥満中年ではありません。どちらかと言えば肥満じゃない人よりのメタボの入り口を少し進んだあたりでうろうろしているメタボ中年です。

 

でも、このまま肥満状態が酷くなれば数年後には完璧な肥満中年になりそうな気がします。メタボの見本されそうな肥満中年になりそうな気がします。登校中の小学生に「メタボがいる」と指を指されて笑われるような肥満中年になりそうな気がします。

 

僕はそんな肥満中年になりたくないので基礎代謝を上げる5つの方法を実践しようかなと思ってします。

 

まだ実践してませんが・・・明日から始める予定です。そう明日から・・・

 

 

基礎代謝を上げる5つの方法

方法1、背筋を伸ばす

f:id:kanifkdlljdl:20170420144906j:plain

1、背筋を伸ばだけで基礎代謝がぐっとあがる。普段丸まっている人が背筋を伸ばすと、カロリー消費率が1.5倍になる事もある

 

2、背筋を伸ばすと、お腹が自然にひっこむ。このとき、背中の筋肉を意識して、できるだけ胸を張るようにする。この姿勢をキープする。これを習慣化すると筋力アップすることができる。

 

※以上の情報はネットで見つけた情報です。

 

今、僕は背筋を伸ばしながらこの記事を作成しています。かなりきついです。猫背気味の僕にはきついです。元の猫背に戻したいです。でももう少しがんばってみます。

 

ああ、疲れる。記事を作成する気力が奪われていくような気がする。

 

方法2、腕を回す

f:id:kanifkdlljdl:20170420145153p:plain

 

1、僧帽筋を動かすことで血液のめぐりやリンパの流れが活発になり、痩せやすい体になれる

 

2、背中にある褐色脂肪細胞は、エネルギーを消費して熱を発生し体温を維持してくれる働きがある。肩甲骨を意識して両腕を大きく回すとその褐色脂肪細胞を活性化できる。

 

●褐色細胞ってなに?
褐色脂肪細胞なんて言葉初めて知りました。なので調べてみました。

 

褐色脂肪細胞は痩せるために必要な細胞。面白いのは「脂肪」細胞なのに、余分なカロリーを消費してくれる。

 

脂肪を貯える方の脂肪細胞は「白色脂肪細胞」と呼ばれ、体温維持などを目的として脂肪を燃やす方の脂肪細胞は「褐色脂肪細胞」と呼ばれる。

 

なるほど褐色脂肪細胞は体温を維持したり、脂肪を燃やす働きがあるみたいです。素晴らしい細胞ですね。

 

腕を回すことでこの褐色細胞を活性化できるみたいなのでとりあえず回してみました。

 

おお、褐色細胞が活性化しているぞ・・・という感じはしませんね。肩の関節の音がポキポキって肩こってるなという感じはするんですけどね。

 

ちなみに僕は屈伸運動するとパキって鳴るタイプです。屈伸するたびにパキパキなります。

 

スマホで録音して、その音を読者さんに聞かせてあげたいくらい素敵なパキ音です。

 

方法3、朝目覚めたら起き上がる前に伸びをする

f:id:kanifkdlljdl:20170420150921j:plain

1、朝、目覚めたら手足を思いっきり伸ばして、ゆっくりと10秒数える。このとき、深く息を吐く。これだけで血行が良くなり、代謝が上がる。

 

※猫が目覚めたとき、伸びをしますよね。あれも血行を良くするためにしていることなのかもしれませんね。

 

f:id:kanifkdlljdl:20170420151041j:plain

 

実は僕、この朝、目覚めたら伸びをするは習慣的にやってます。癖ですね。ついつい伸びをしてしまうんです。伸びをするのが気持ちよくて。布団の上で猫みたいに伸びをすることもあります。

 

中年の男が布団の上で伸びをする。その場面を想像してください。どうです。気持ち悪いでしょwだから僕が朝、布団の上で猫のように伸びをしていることは内緒にしといてくださいね。

 

方法4、歩き方に注意する

f:id:kanifkdlljdl:20170420151454j:plain

出典:ベネシュいわき・水戸・郡山 
 

1、歩くとき、その機会を最大限に活用しよう。上手に歩いて、有酸素運動&普段使わない筋肉を有効に使って基礎代謝量の向上を目指そう。

 

2、目線は遠くに、腰から歩くような感じで一歩足を踏み出した時、足と地面がキレイな三角形になるように一歩一歩キチンと膝を伸ばして歩く。

 

3、歩くときは背筋を真っ直ぐに伸ばし胸を張る。重心はやや前の方に置き、かかとから着地する。

 

※モデルの人のような歩き方をすればいいのかな。でも中年男がモデル歩きは気持ち悪い気がするな。でも、中年男がモデル歩きするのは面白い気もするし。よし、とりあえず今度モデル歩きで街を歩いてみよう。変な汗かいてやせるかもしれない。

 

方法5、食事の摂り方を工夫する

f:id:kanifkdlljdl:20170420151745j:plain

出典:栄養バランスの良い食事の摂り方(その1)| データバンク食と健康 | ハピ研

1、よく噛まないで飲み込んだり、流動食だけを摂る場合に比べて、よく噛んで食べる方が食事誘発性熱産生は高くなるといわれる。

 

2、身体を冷やさない『球根類』を意識的に摂取する。じゃがいも・れんこん・サトイモ・にんじん・ごぼう・さつまいも。

 

※食べ物はよく噛んで食べるほうが体によいという話を聞いたことがあります。忙しい現代人は噛む回数が減っているという話を聞いたこともあります。そのせい噛む筋力が衰えてしまっているという話も聞いたことがあります。

 

よく噛むこと、大切にしたいですね。

 

でも、僕、よく噛むの苦手なんですよね。つい少し噛んで飲み込んでしまうんですよね。この習慣、改めねば。メタボから卒業するために。まだメタボ暦は短いし、熟成されたメタボでもない今、がんばって卒業したほうがぜったよいに決まってる。とりあえずスルメでも食べるか。噛む鍛錬をするために。

 

f:id:kanifkdlljdl:20170420152009j:plain

 

どうです?みなさん。スルメですよ。食べたくなりませんか?噛みたくなりませんか?噛みたいですよね?噛み噛みしたいですよね?いいんですよ。スルメを買って噛み噛みしても。思う存分噛み噛みしても。さあ、遠慮なさらずに。

 

・・・みなさんに催眠術みたいな感じでお勧めしているうちに僕が噛み噛みしたくなってしまいましたw

 

●以上が基礎代謝を上げる5つの方法です。

1、背筋を伸ばす
2、腕を回す
3、朝目覚めたら起き上がる前に伸びをする
4、歩き方に注意する
5、食事の摂り方を工夫する

 

みなさん、「そうだ!基礎代謝を上げよう!」と思ったときには参考にしてみてください。

 

☆おすすめ記事

【ダイエット】ぽっこりお腹に悩んでませんか? 下腹ぽっこりを解消するストレッチ法を紹介

がんリスクが高まる「朝食」がある!?菓子パンが!マジか!?えっ、ソーセージも!

大人の男性だって抱き枕を抱いて寝たい。でも世間の偏見が・・・