読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ルイボスティーにはさまざまな効果がある!例えばダイエット効果・美肌効果。ノンカフェインだから妊婦さんも安心して飲める!

ルイボスとは?

f:id:kanifkdlljdl:20160615053458j:plain

・ルイボスは、マメ科のアスパラトゥス属の一種です。

・針葉樹のような葉を持っています。

・落葉するときに葉は赤褐色になります。

・南アフリカ共和国のセダルバーグ山脈一帯にのみ自生すると言われています。

f:id:kanifkdlljdl:20161230170954j:plain

 

ルイボスティーとは?

f:id:kanifkdlljdl:20160615053704j:plain

・ルイボスティーは、ルイボスの葉を乾燥させて作る飲み物です。

 

・見た目は紅茶に似ていますが、味・香りにクセがなく、渋みや苦味もないので飲みやすいです。

 

不老長寿の秘薬

ルイボスティーは、古くから南アフリカの原住民(ホッテントット族、バンツー族)のあいだで「不老長寿の秘薬」と語り伝えられてきました。現地では「ルイボスティー」(赤いやぶの奇跡)といわれています。


ルイボスティーの飲み方
1パックを約1.8㍑の水に入れて沸かします、20~30分沸騰させるだけでOK。香り豊かな味わいが広がり、アイスでもホットでも美味しくい飲むことができる。特に、土瓶を用いて煮出すると、お茶のエキスがよくでる。

 

ルイボスティーの特長

1、カフェインが含まれていない

習慣的なカフェインの摂取は肝臓をはじめとする器官に負担をかけることがあります。「興奮剤」でもあるカフェインを大量に摂取することで、強い不安感やパニック発作など、心にも打撃を与えることもあります。

 

でも、カフェインの含まれていないルボイスティーは、カフェインによる問題を気にすることなく飲むことができます。

 

2、ミネラルが豊富

ルイボスティーの原料となる植物は、ミネラル豊富な南アフリカの自然の大地で無農薬栽培されています。この植物は地中深くにまで根を伸ばして、アフリカ大地の地層から良質な水分と、カルシウム、亜鉛、ナトリウム、マグネシウム、カリウム、鉄、マンガン、リン、フッ素、ルビジウムなどの豊富なミネラルを吸収しています。

 

つまり、ルイボスティーはミネラルが豊富な飲み物なんです。

 

ルイボスティーの効果

1、赤ちゃんや幼児も安心して飲める

f:id:kanifkdlljdl:20160615064123j:plain

赤ちゃんや幼児が興奮剤の一種であるカフェインを摂取すると、イライラしたり、情緒不安定になったり、ぐずったり、夜泣きをしたりしやすくなります。でも、ノンカフェインのルイボスティーは興奮作用がないので安心して、赤ちゃんにも飲ませることができます。

 

●カフェインの胎児への影響

妊 娠中にカフェインを多く摂ると、胎盤を通過して胎児もカフェインを摂取することになります。胎児は未熟なため、カフェインの影響を強く受けてしまいます。カフェインの影響を強く受ければ、興奮作用が強く胎児の中で働いてしまいます。

 

妊娠中に、カフェインを大量に摂取すると死産のリスクが上がるといわれています。胎児の発育を阻害することがあるともいわれています。

 

しかし、赤ちゃんの成長や出産後の健康に及ぼす影響は、まだ具体的にはわかっていないというのが現状です。

 

でも胎児は未熟です。未熟な胎児にカフェインのような興奮作用のあるものが体の中に入ることが好ましいことだとは思えません。だから妊娠中はカフェインは控えたほうが賢明だと思います。

 

2、アンチエイジング・美肌効果

f:id:kanifkdlljdl:20160615064239j:plain

・ルイボスティーには「SOD(スーパーオキシドジムスターゼ)」という抗酸化成分(酵素)が含まれています。この成分は活性酸素を除去し、体の免疫力を高め、肌の老化をゆるめるという効果があります。肌の老化をゆるやかにできれば健康的な肌を維持することができます。

 

・ルイボスの茶葉には、マグネシウム、カリウムといったミネラルをはじめ、ビタミンC、カルシウムなど美肌作りに欠かせない成分もバランス良く含まれています。

 

3、むくみ・冷え症改善

f:id:kanifkdlljdl:20160615064411j:plain

ルイボスティーには亜鉛などのミネラルが多く含まれています。その成分は体内でエネルギーを発生させて体温を上昇させる効果があります。さらに、リンパや血のめぐりをスムーズにさせて、老廃物や余分な水分を排出するデトックス効果もあります。

 

4、アトピー改善

f:id:kanifkdlljdl:20160615064511j:plain

ルイボスティーは、アトピー性皮膚炎で過剰な反応によって作り出された活性酸素を次除去する効果があります。この効果によって乾燥肌を引き起こす「過酸化脂質」も減り、皮膚炎がかなり抑えられるといわれています。

 

また、ルイボスティーに含まれている亜鉛が効果的に働けば、皮膚細胞の新陳代謝が促されれば、どんどん皮膚を修復されていきます。

 

スポンサーリンク
 

5、ダイエット効果

f:id:kanifkdlljdl:20160615064609j:plain

ルイボスティーに含まれているSODという酵素は、身体の毒素を排出してくれるデトックス効果があります。毒素を効率よく排除できるようになれば、体の中に老廃物をため込むことなく、胃や腸の働きを良好に保つことができるようになれます。そうなれば活性化した胃腸のおかげで痩せやすくなります。

 

さらに、ルイボスティーに含まれているマグネシウムは、腸内の水分を集める働きがあります。腸内に水分が集まれば便秘の解消を促進してくれます。便秘のときは便秘になりがちです。でもこの効果が働けば便秘を解消することができます。

 

さらに、ルイボスティーにカロリーがほとんどゼロです。そのうえ糖分が含まれていないので、たくさん飲んでも太る心配がありません。

 

6、安眠効果

f:id:kanifkdlljdl:20160615064653j:plain

豊富な栄養素(亜鉛、マグネシウム、セレン、ビタミンB1・B2など)には、体内のエネルギー活動を促進してくれる効果があります。体内活動が促進されれば身体が温まり、快適な眠りにつくことができます。

 

7、二日酔いに効果的

f:id:kanifkdlljdl:20160615064747g:plain

二日酔いとは、体内のアルコールが毒性を持つアセトアルデヒドに変わることで起こります。また、体内に入ったアルコールを分解するために、大量の水分が使われ、排出するときにミネラルまで一緒に体外へ出てしまいます。ミネラルが不足すると肝機能が低下し、さらにアルコールの分解能力が落ちてしまうという負のスパイラルに陥ってしまうのです。ルイボスティーは、その負のスパイラルに陥るリスクを軽減する効果があります。

 

ルイボスティーは、アルコールがアセトアルデヒドに分解されてできる活性酸素を除去してくれます。それだけではなく、ミネラル分が豊富に含まれているので、肝臓の働きを助けてもくれるのです。

 

8、貧血改善

f:id:kanifkdlljdl:20160615064831g:plain

貧血は「鉄分が不足すると、酸素を運ぶヘモグロビンが減少するため酸欠になる」というのがメカニズムでおこります。

 

人は毎日約40mgの鉄分を失うといわれていて、飲み物や食べ物でしか取り戻せません。鉄分だけを摂ろうとしても、一緒に口にする食べ物が障害となり、なかなかうまく吸収できないのが現状です。

 

ルイボスティーは違います!

ルイボスティーには吸収の妨げになるカフェインやタンニンがほとんど含まれていません。さらにルイボスティーには100gあたり約10gの鉄分が含まれています。

 

鉄分の吸収を邪魔する成分が含まれていないだけでなく、鉄分まで含まれているルイボスティー。これを飲めば効率よく鉄分を補給することができます。

 

9、生理痛改善

f:id:kanifkdlljdl:20160615064926j:plain

女性だけが感じる生理痛。その痛みには個人差があり、中にはひどい生理痛に悩まされる女性がいます。

 

生理痛がひどい人はプロスタグランジンという物質が多く出ています。この物質は、子宮の収縮を促して子宮内膜や経血がスムーズに体外へ出るように働きかける性質があります。

 

でも、この物質は体調不良などでホルモンバランスが崩れると、経血を体外へ出そうと過剰に分泌されてしまいます。

 

プロスタグランジンには痛みを強める作用もあるので、下腹部の傷みだけでなく、頭痛や腹痛などの原因にもなることがあります。

 

さらに、プロスタグランジンが分泌されるときは、一緒に活性酸素も発生するので余計に痛みが増してしまいます。

 

ルイボスティーには、抗酸化物質であるSODという酵素が含まれており、この物質が辛い痛みを引き起こす活性酸素を除去して細胞の新陳代謝を促す効果があります。新陳代謝が活性化すれば、血行が良くなって体温が上がり、辛い生理痛の原因のひとつである冷え改善してくれます。

 

10、便秘・下痢改善

f:id:kanifkdlljdl:20160615065051p:plain

ルイボスティーが便秘や下痢に効果をもたらす理由は、含まれているSOD(酵素)が腸内をキレイにして、善玉菌の働きを活性化させる働きがあります。善玉菌の働きが活性化されれば、腸内の悪玉菌の数が減り、腸の調子がよくなり、下痢や便秘が改善されます。

 

また、ルイボスティーに含まれているマグネシウムには、腸内の水分を集める働きもあることから、固い便でも軟らかくする効果があります。腸内環境が改善されると「便の臭いがきつくない」「尿の色がキレイになる」などの効果もあります。

 

11、更年期改善

f:id:kanifkdlljdl:20160615065208g:plain

女性では、50歳前後を期に女性ホルモンであるエストロゲンが低下し始め、更年期障害と診断される方が多くなります。

 

ルイボスティーに含まれる亜鉛には、黄体形成ホルモンの働きを活性化させることで、エストロゲンの分泌を促す効果があります。エストロゲンの分泌が促進されれば、更年期障害の緩和が期待できます。そこにルイボスティーに含まれた豊富な栄養素の効果がプラスされればさらなる更年期障害特有の症状の緩和が期待できます。

 

12、熱中症予防

f:id:kanifkdlljdl:20160615065259g:plain

ルイボスの茶葉には、ナトリウムやミネラルが豊富に含まれているので、ただ単に水を飲むより熱中症の予防効果が期待できます。

 

その他、亜鉛、鉄分、マグネシウム、カルシウム、カリウムといった栄養成分がバランスよく含まれているため、体内のミネラルバランスを正常に保ち、夏バテ防止効果も期待できます。

 

13、糖尿病・痛風予防・改善

f:id:kanifkdlljdl:20160615065420j:plain

ルイボスティーには食後の血糖値上昇を抑える効果があるそうです。ルイボスの茶葉に含まれているピニトールという成分が、インスリンと同じような働きをするという研究結果があり、糖尿病や高血圧症患者が、長期間ルイボスティーを飲んだところ、血糖値が安定したという事例もあります。。

 

ルイボスティーには利尿作用があることも知られています。利尿作用で体内の不要な水分とともに老廃物を排出するので、肝機能の改善効果が期待できます。肝機能が改善されれば、血液中の尿酸濃度も低くなり、痛風の症状が改善されます。

 

 14、花粉症予防・改善

f:id:kanifkdlljdl:20160615065528j:plain

ルイボスティーに含まれる多くのミネラルが身体中の細胞を活性化させる効果があります。さらにSODの抗酸化作用が体の免疫機能が向上させる効果があります。この2つの効果が花粉症の症状を改善するために働いてくれます。

 

また、ルイボスティーのポリフェノールやケルセチンにはアレルギー反応を引き起こすヒスタミンを抑制する効果があり、この効果の働きがクシャミや鼻水の症状が改善してくれます。

 

☆おすすめの記事

鼻づまりで眠れないのは誰だ?僕です・・・鼻づまり解消法について調べてみた。

表情筋は通常の生活では全体の30%しか使っていない!?動画で学べる表情筋トレーニング あなたの笑顔が日本を救う!

寝る時の”靴下”が体に良くないだって!?そうなの?どうして?「寝るときに靴下履く派の僕」は調べてみることにした