読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【アニメ】【ネタバレ感想】政宗くんのリベンジ 第1話 現実の残酷さを思い知らされる話だった

アニメ

まずはこの画像を見ていただきたい。

 

f:id:kanifkdlljdl:20170121135836j:plain

 

これはアニメ「政宗くんのリベンジ」のワンシーンだ。見ての通り一人の男子高校生が複数の女の子に問い詰められているシーンだ。

 

なぜこの男子生徒は複数の女性に問い詰められているのか?

 

部活でテニスをしている女の子たちを彼はスマホで撮影していたのではないか?

 

そんな疑いをテニス部員の女の子たちは抱いたのだ。だから女の子たちは男子生徒に近づき、問い詰め始めたのだ。

 

部員の女の子1「その携帯見せてみなさいよ」

疑惑の男子生徒「誤解だよ。ちょっとメールしようとしてただけだろ」

部員の女の子2「うそ。あんな角度でメール打ったりしないわ」

疑惑の男子生徒「だからホントに誤解だって」

部員の女の子2「だったら早く携帯貸しなさいよ」

部員の女の子3「そうよ。怪しすぎるわよ」

部員の女の子全員「そうよそうよ」

 

以上のように一人の男子生徒は複数の女の子に問い詰められた。

 

うらやましい・・・

 

じゃない。理不尽だ。彼は間違いなくシロだ。テニス姿の女子高生を撮影などしていない。白昼堂々、そんな破廉恥なことできるわけがない。少し考えればわかることだ。

 

でも、多感で自意識過剰は女子高生はそう考えない。ぜったい自分たちを撮影していたに決まっていると考えてしまう。自意識過剰な女子高生はそういう勘違いをしやすいのだ。

 

だが、多感で自意識過剰な女子高生がそういう勘違いをしない場合がある。

 

どういう場合か。

 

それはイケメンの場合である。彼女たちはイケメンの場合、スマホをいじっていても「自分たちを撮影していたに決まっている」という勘違いをしない。勘違いをして問い詰めたりしない。犯罪者を見るような目で見たりしない。

 

自意識過剰な女子高生たちはイケメンには寛大なのだ。イケメンには優しいのだ。自分たちといっしょテニスしませんかと誘うくらいイケメンには優しいのだ。手取り足取りテニスを教えてあげるわよと言うんじゃないかってくらいイケメンには優しいのだ。

 

ウソではない。これは本当のことだ。その証拠をお見せしよう。

 

f:id:kanifkdlljdl:20170121144238j:plain

これはイケメンがテニス姿の女子高生の練習風景を眺めたとき、そのイケメンに気づいたテニス部員の女の子たちが集まってきたというシーンだ。このあと疑惑を持たれた男子生徒の場合はテニス部員に警察レベルの激しい尋問を受けた。

 

でもこのイケメンは違う。

 

部員の女の子1「あっ!もしかしてテニス興味ある?よかったら朝練参加してく?」

部員の女の子2「編入試験満点だったって本当?」

部員の女の子3「すごい」

部員の女の子4「サッカーしてるとこ見た!超かっこいいよね」

 

見ての通り、疑いを持たれた男子生徒とは正反対のビップ待遇をイケメンは受けている。自意識過剰で被害妄想率の高い女子高生にイケメンはビップ待遇を受けているのだ。

 

信じられないような現実だ。でもこの現実は本当のことだ。今でもこの世界のどこかでこの現実と同じ現実が起きているのだ。女の子たちにビップ待遇を受けているイケメンがいるのだ。その裏では女の子たちに疑われ、酷い目に遭っている男がいるのだ。

 

ああ、なんて残酷な現実だろう。

 

神さまはなんていない!

 

そう言いたくなるくらい残酷な現実だ!不公平な現実だ!泣きたくなるような現実だ!身に覚えがあるような現実だ!差別的現実だ!

 

でも、この物語の主人公はそんな残酷な現実とは無縁の人生を送れるタイプだった。残酷な現実とは無縁の人生を送れるくらいイケメンの男子高校生だった。

 

f:id:kanifkdlljdl:20170121161805j:plain

この男が「政宗くんのリベンジ」というアニメの主人公。非リア充たちが口をそろえて爆発しろと言うんじゃないかと思うくらいのイケメンである。ちなみに上記でテニス部員の女の子にちやほやされていたのはこの男だ。この男、見た目だけではなく、成績も優秀・運動神経も抜群、さらに性格も良いという三拍子揃ったイケメンだった。内面までイケてるメンズだった。

 

爆発しろ!(僕の心の声)

 

主人公の名前は真壁 政宗(まかべ まさむね)戦国武将の伊達政宗と同じ名前だ。名前までかっこいいなんて。家康って名前だったら少しはこの主人公に好感持てたかもしれないのに。

 

さっさと爆発しろ!(僕の心の声)

 

この物語「政宗くんのリベンジ」は主人公が残酷なまでに不公平な現実を視聴者に見せ付けるという無慈悲なアニメである。

 

というのは嘘です!

 

この物語はイケメン主人公がある女の子に復讐するという物語です!

 

なぜ主人公は復讐を決意したのか?

 

それは主人公が子供のころ、その女の子に酷いことをされたからです!

 

ちなみにこれが主人公が子供の頃の容姿

f:id:kanifkdlljdl:20170121164204j:plain

 

なんと真壁 政宗は肥満児だったのだ。

 

そんな肥満児だった真壁 政宗はある女の子に酷いことをされた。

 

こちらが真壁 政宗に酷いことをしたある女の子。

f:id:kanifkdlljdl:20170121164624j:plain

 

彼女の名前は、安達垣 愛姫(あだがき あき)

高校生になった主人公は彼女に再会した。

 

彼女は主人公に気づいていないようだった。それで主人公は復讐を考えた。

 

自分に気づいていない安達垣 愛姫に近づき、自分に対して恋心を抱かせる。もう正宗くんなしでは生きていけないという気持ちに安達垣 愛姫がなったとき、自分がかつて彼女に酷い目に遭った男だという事実を突きつける。突きつけて彼女と別れる。

 

それが正宗の考えた復讐だった。

 

その復讐の作戦名は「デット オア ラブ作戦」

 

(イケメンだが、作戦名に中二病な感じがする名前をつけるところに僕はちょっと好感を持った)

 

f:id:kanifkdlljdl:20170121170526j:plain

現在の安達垣 愛姫。美人だ。クールな美人だ。孤高な感じがする。

 

こんな美人に主人公は復讐を考えたのだ。なんて酷い男だ。今はイケメンだが、昔は肥満児だったくせに!なんて酷い復讐を考えるんだ。許せない。イケメンというだけで許せないのに!

 

f:id:kanifkdlljdl:20170121171714g:plain

主人公のイケメンさに腹が立ったのでこんなGIFをつくってやったぞ!

 

でも復讐を考える主人公の気持ちわからないでもない。さらに安達垣 愛姫の側にも復讐されてもしかたがない部分はあるような気がする。

 

だから僕はこの物語を嫉妬と羨望と理解と義憤などが入り混じった複雑な気持ちで見続けたいと思う。

 

ちなみに安達垣 愛姫が主人公にした酷いことの内容だが・・・それは第1話をご覧になって確かめていただきたい。

 

☆おすすめ記事

【アニメ】【ネタバレ感想】ガヴリールドロップアウト 第1話 サターニャがおバカで可愛い!

おすすめレトロゲーム! 僕が好きなファミコンソフト50選

【レトロゲーム】【ファミコン】僕が時々やりたくなるゲームを紹介!「ファミコン探偵倶楽部 消えた後継者」