読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【アニメ】【ネタバレ感想】ガヴリールドロップアウト 第2話 サターニャの安定感溢れるおバカさが泣ける

アニメ

第2話でのガヴリールの名言

人間ってこんなたくさんいらなくね。うじゃうじゃウゼー

f:id:kanifkdlljdl:20170120223252j:plain

このセリフのあと、ヴィネットに「天使の言葉とは思えないわね」と突っ込まれる。

 

いくらまで出してくれんの?

f:id:kanifkdlljdl:20170120223749j:plain

ヴィネットが学食に行ってみたいと言ったときのガヴリールの一言。ガヴリールはヴィネットに金を出させようとしたのだ。

 

「なんでおごってもらう前提なのよ」とヴィネットが突っ込んだのは言うまでもない。

 

お前本当にバカだな

f:id:kanifkdlljdl:20170120232338j:plain

サターニャのおバカ発言に思わず言ってしまった的確な一言。

 

「バカって言うな!」とサターニャはバカっぽく言い返した。

 

七味唐辛子な。それ七回かけるとちょうどいい辛さになるんだぞ

f:id:kanifkdlljdl:20170120235928j:plain

うどんの食べ方がわからないサターニャが七味唐辛子の存在に気づいてしまう。

 

そんなサターニャに上記のような嘘をつくガヴリール。

 

もちろん、サターニャはその嘘を本当だと信じて七味唐辛子をたっぷり入れる。そして食べてしまう。

 

激辛うどんを食べたサターニャは言った。「おいしい!」と。

 

ああ、独身男性みんな消えてなくならないかな~

f:id:kanifkdlljdl:20170121000733j:plain

天界に提出するプリント作成時に言った一言。

 

あいかわらず悪魔のようなことを願う天使だな。

 

第2話のサターニャ

お昼休みのサターニャ

昼食の時間。

 

f:id:kanifkdlljdl:20170120224436j:plain

 

挙動不審なサターニャ。
左右を警戒するように見る。
そのあと弁当を持って立ち上がり、
教室を出て行く。

 

f:id:kanifkdlljdl:20170120224821j:plain

 

教室を出て、サターニャが向かった場所は・・・

 

f:id:kanifkdlljdl:20170120225234j:plain

人気のない階段だった。

 

サターニャはボッチだったのだ!

 

f:id:kanifkdlljdl:20170120225458j:plain

 

そしてサターニャは一人さびしくおにぎりを食べる。

 

泣ける。
このシーンは泣ける。
日本中のボッチの人が見たら間違いなく泣ける。
日本中のボッチ経験者が見たら間違いなく泣ける。

 

僕は泣いた。
元ボッチ経験者の僕は泣かずにはいられなかった。

 

そんなボッチのサターニャをガヴリールとヴィネットを密かに見ていた。2人は密かにサターニャの後をつけていたのだ。

 

f:id:kanifkdlljdl:20170120230832j:plain

 

ボッチのサターニャを密かに見つめる二人は、

ガヴリール「アイツいつもこんなとこで食べていたのか」

ヴィネット「ああ、はやく気づいてあげればよかったわ」

と言った。そう言ったあと2人はサターニャに近づく。近づいてきた二人に気づいたサターニャは驚く。

 

f:id:kanifkdlljdl:20170120230843j:plain

 

2人にボッチを見られたサターニャは狼狽し、取り乱し、そしておにぎりを落としてしまう。

 

f:id:kanifkdlljdl:20170120231114j:plain

 

ああ、また泣けるシーンだ。
世の中のボッチの人、ボッチ経験者の人、泣いていいのですよ。だから人は泣けるのですから。はい。泣きましょう。サターニャのために泣きましょう。ボッチはキミだけではないと泣いてあげましょう。

 

このあと、サターニャはガヴリールとヴィネットに誘われて、学食に行きました。

 

よかったね。サターニャ。ボッチ卒業できて。本当によかったね。ああ、涙がとまらない。

 

学食でのサターニャ

ガヴリールとヴィネットは学食初めてなのでどうしていいかわからなかった。そこに助け舟が・・・なんとサターニャが学食のことなら自分に任せろ的な発言をしたのだ。

 

サターニャはお手本に食券を2人に買うところを見せようとする。だが、サターニャは券売機の前で悩み始める。

 

f:id:kanifkdlljdl:20170120233234j:plain

 

サターニャの心の声。「けっこうたくさんメニューあるのね。っていうかきつねうどんとかたぬきうどんってなに?」

 

きつねうどんとたぬきうどんの脳内イメージ(サターニャの脳内イメージ)

f:id:kanifkdlljdl:20170120234421g:plain

 

さすが、サターニャだ。ナイスイメージ!

 

牛丼だったら牛がドンブリに入っているイメージするんだろうな。

 

豚丼だったら、うなぎのカバヤキだったら、想像するだけで笑える。

 

このあともサターニャのおバカっぷりは留まるところを知らない。それはぜひ自分の目で確かめてほしい。笑えるから。

 

最後に感想。
あいかわらずサターニャが面白すぎる。
第3話でもサターニャから目が離せない。

 

サターニャメインで物語進行してもいいんじゃねと思ってしまう。それくらいサターニャのキャラが濃い。濃すぎる。だって番組見終わったあとサターニャのことしか憶えてないんだもん。それくらいサターニャのキャラが濃い。インパクトが強い。目立つ。可愛い。

 

そう感じるのは僕だけだろうか?

 

●関連記事

【アニメ】【ネタバレ感想】ガヴリールドロップアウト 第1話 サターニャがおバカで可愛い!

 

☆おすすめ記事

【漫画】【アニメ】『WORKING!!』(ワーキング)の名場面・珍場面を紹介

【レトロゲーム】【ファミコン】僕が時々やりたくなるゲームを紹介!「ファミコン探偵倶楽部 消えた後継者」

【レトロゲーム】【思い出】 「ドラクエあるある」を6つ紹介するよ