読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【目からウロコ情報】高い薬と安い薬 高い薬のほうが効果があるとはかぎらないらしい

最近、以下の記事を読んだ。

 

ドラッグストアで選んでくれる薬の基準って? - Excite Bit コネタ(1/2)ドラッグストアで選んでくれる薬の基準って? - Excite Bit コネタ(1/2) 

 

この記事を読んでよかったと思う。

もし、読まなかったら

高価な薬の効果>安価な薬の効果

という僕のイメージを変えることはできなかったと思う。

 

そう僕は高価な薬のほうが安価な薬より効果があると思っていたのだ。もちろん、高価な薬のほうが効果がある場合もあるだろう。でも、場合によっては安価な薬のほうが効果がある場合もあるのだ。

 

それをこの記事は気づかせてくれた。

 

●場合によっては安価な薬のほうが効果がある理由

「値段が高くなるのは、例えば新しく開発された成分が入ったときなどですが、だからといって、その患者さんに効くとは限らないんですよ。結局、効き目に一番関係あるのは、どういう成分が入っているかということと、その成分の量なんですね。患者さんに合った薬であれば、値段は関係ないんです」

 

市販の薬は手軽に買えるから、どうしても前に使っていた薬や、聞いたことのある商品名の薬など、馴染みのある商品を選びがち。でも、症状や状況は毎回違う。その人に、そのとき合った薬がある。

 

症状や状況は違う。その通りだと思う。さらに患者一人一人体質も違う。年齢によっても心理状態によっても体質は変化してしまう。体質が変化してしまえば、薬の効き方にも違いが生じてしまう。変化が生じればいつも使っている薬がいつもどおりの効果で病を癒してくれるとは限らない。高価な薬が自分の体質に合うとも限らない。

 

そう考えると自分に合った薬を探すのは難しいなと思う。

 

上記の記事にはこう書かれていた。

「薬剤師を上手に利用してください。そしてそのときには、知りたいことを、できるだけ患者さん側から投げかけてくれるとありがたいです」

 

薬剤師を医者だと思って、具体的に相談すること。そんな、病院に行けば当たり前のやりとりが、市販薬を買うときにも大切なんです。

 

薬剤師に聞く。そうすれば自分に合った薬を見つけやすくなる。それは確かだと思う。でも、ついつい聞くのが面倒で、自分がいつも買っている薬を買ってしまう人が多いと思う。僕もその一人だ。

 

今度、機会があったら、薬剤師に話しかけてみようと思う。そして自分に合った薬を見つけるアドバイスをしてもらおうと思う。

 

この記事を読んだ方も機会があったら、面倒がらずに、薬剤師に話しかけてみよう。そうすれば思わぬ発見ができるかもしれませんよ。

 

●おすすめ記事

【ミラーリング効果】 好きな人の行動を真似てしまうのはなぜ?変身願望が影響してる!?

「どんどん貧乏になる人」には、トイレの中でやりがちなクセが4つあるそうだ。僕にはそのクセがあるか検証してみた。

「自分ばかり損してる!」と思ってしまうのは不満が原因?不満を減らす4つの方法