ブロッコリーにはうつ病に効果があるらしい ブロッコリー生産量NO1は北海道! おいしいブロッコリー料理を紹介

f:id:kanifkdlljdl:20160824120355j:plain

ブロッコリーがうつ予防に効果 千葉大教授ら発表

 千葉大学社会精神保健教育研究センターは、ブロッコリーなどの野菜に含まれる化合物「スルフォラファン(SFN)」が、うつ病の予防や再発防止に効果があることを突き止めた。研究した同センターの橋本謙二教授(57)は「身近にある化合物で(症状の発症率が)劇的に変わるとは」と驚きの表情。不明な点が多いうつ病のメカニズムを解明する一筋の光になりそうだ。

 

 SFNは主に緑黄野菜に含まれる。特にブロッコリーの種を発芽させた「スーパースプラウト」には、ブロッコリー約1キログラム相当の高濃度のSFNが含まれており、がん予防などにも効果が期待される。

 

 橋本教授は、同大大学院の学生らとチームを組み、2013年に研究を開始。東北大学の山本雅之教授や食品メーカー「カゴメ」の協力を得てマウス実験を重ね、先月、研究成果を発表した。

 

 実験では、大きさの違う2種類のマウスを同じケージに入れ毎日10分間、攻撃的な大型マウスに小型マウスをいじめさせ、残りの時間は2匹のマウスを仕切り板で分けて生活させる。この作業を10日間繰り返すと、人間と似たような「社会的敗北ストレス」が発生し、うつ状態になる。

 

 実験後、マウスに普通の水とショ糖が入った甘い水を飲ませると、健康なマウスは70~80%の割合で甘い水を飲むが、うつ状態だと50%に減少する。しかし事前にSFNを注射しておくと、ストレスを与えても健康なマウスと同等程度の70%近い割合で甘い水を飲んだことから、うつ病の発症が抑えられたと考えられる。

 

 SFNの前段階物質「グルコラファニン」を含んだ餌を健康な子どものマウスに与え続ける実験でも、ストレスを与えても健康な状態を保つことが確認された。

 

 これらの実験により、薬品などに頼らず栄養学的にうつ病の予防ができる可能性が高まったという。うつ病の全容解明には時間がかかるが、橋本教授は「SFNはブロッコリーなどに含まれる化合物なので安心して食べられる。精神疾患で苦しんでいる患者は非常に多いが、野菜や魚を取り入れたバランスよい食事を心掛けることで、うつ病の予防にもつながる」と力説する。

 ブロッコリーがうつ予防に効果 千葉大教授ら発表 薬頼らず発症抑制の可能性 (千葉日報オンライン) - Yahoo!ニュース

 

ブロッコリーなどの野菜に含まれる化合物「スルフォラファン(SFN)」が、うつ病の予防や再発防止に効果があるらしい。

 

「スルフォラファン(SFN)」なんて言葉、僕は初めて聞いた。

 

調べてみようと思う。

 

スポンサーリンク
 

スルフォラファン(SFN)とは?

スルフォラファンは、ブロッコリーをはじめとするアブラナ科の野菜に含まれる辛み成分です。

 

強い抗酸化作用を持ち、老化防止や美肌に対する効果を発揮するだけではなく、体内の解毒酵素を活性化させることによって、肝機能や免疫力の向上にもつながります。スルフォラファンは、ブロッコリーをはじめとするアブラナ科の野菜に含まれる辛み成分です。

 

強い抗酸化作用を持ち、老化防止や美肌に対する効果を発揮するだけではなく、体内の解毒酵素を活性化させることによって、肝機能や免疫力の向上にもつながります。

引用:スルフォラファン研究情報 | 成分情報 | わかさの秘密

 

●僕の意見

スルフォラファンは、ブロッコリーをはじめとするアブラナ科の野菜に含まれる辛み成分だそうだ。辛み成分?ブロッコリーには辛みなんてあったっけ?思い出せない。ブロッコリーをいつ食べたのかも思い出せない。辛みがあったような気もするし、なかったような気もする。

 

ブロッコリーはあまり食べないがキャベツはよく食べる。キャベツもアブラナ科の野菜だ。キャベツにも辛みがある。これと似た辛みがブロッコリーにもあるということか。

f:id:kanifkdlljdl:20170108202114j:plain

キャベツにも「スルフォラファン(SFN)」が含まれているそうだ。だが、ブロッコリーのほうが多く含まれているそうだ。

 

その他のアブラナ科の野菜よりもブロッコリーのほうが多く「スルフォラファン(SFN)」を含んでいるそうだ。

 

参考:スルフォラファンを多く含む食材

 

そんなスルフォラファンを豊富に含んだブロッコリーの生産量NO1の都道府県はどこかご存知だろうか。なんと北海道なのだ。北海道がブロッコリーの生産量NO1なのだ。さすが北海道はでっかいどうである。

 

f:id:kanifkdlljdl:20170108204621p:plain

ブロッコリー生産量NO1

 

ということは北海道の人にはうつ病になる人が少ないのだろうか?その情報はどこにも書いていない。だれか知っている人がいたら教えてほしい。

 

ちなみに生産量NO2は埼玉県でNO3が愛知県である。

 

参考:ブロッコリーの生産量の都道府県ランキング(平成26年) | 地域の入れ物

 

北海道が生産量NO1&スルフォラファンを豊富に含んだブロッコリー。でもこのデーターは一般的なブロッコリーのことだ。実はこの一般的なブロッコリーよりすごいブロッコリーがあるのだ。一般的なブロッコリーよりスルフォラファンを多く含んだスーパーブロッコリーが存在するのだ。

 

そのブロッコリーの名を「スーパースプラウト」という。

 

「スーパースプラウト」とは?

「スーパースプラウト」とは特別な育て方で栽培されたブロッコリーのこと。

 

f:id:kanifkdlljdl:20160824105522j:plain

ブロッコリースーパースプラウト

 

ブロッコリースーパースプラウトは、先端予防医学で有名である、米国ジョンズ・ホプキンス大学と村山農園さんの製造・販売の、ライセンス契約から国内唯一の特別なブロッコリースプラウトです。

 

●ブロッコリースプラウトには、 大量の「スルフォラファン」が含まれている

普通のブロッコリーには微量のスルフォラファンしか含まれていない。それに対してブロッコリースーパースプラウトには、普通の成熟したブロッコリーの20倍以上のスルフォラファンが含まれています。

 引用:ブロッコリー スーパースプラウト|村上農園 の商品 

 

なんとスーパースプラウトには、普通の成熟したブロッコリーの20倍以上のスルフォラファンが含まれているそうだ。20倍。すごい量のスルフォラファンだ。すごく辛いのだろうか?ネットには「もやしのような味」と書かれていた。

 

このブロッコリーは都内のスーパー、百貨店にて100~150円程度で販売されているそうだ。楽天などの通販でも買える。

 

次にスーパースプラウトを使った料理を紹介しよう。

 

 ブロッコリースーパースプラウトを使った料理

f:id:kanifkdlljdl:20160824135301j:plain

漬けかつおとスプラウトのヘルシー丼

作り方は以下のサイトをご覧ください。

Cpicon 漬けかつおとスプラウトのヘルシー丼 by 村上農園

 

 

f:id:kanifkdlljdl:20160824135628j:plain

ブロッコリー スーパースプラウトサンド

作り方は以下のサイトをご覧ください。

Cpicon ブロッコリー スーパースプラウトサンド by 村上農園

 

 

以上のような美味しそうな料理に使えるスーパースプラウト。その中に大量に含まれている「スルフォラファン(SFN)」。実はこのスルフォラファンにはうつ病改善予防効果以外にも効果があるらしい。

 

以下でその効果を紹介しようと思う。

 

スルフォラファンの効果

スルフォラファンの効果、効能は以下の通り。

1、肝機能障害抑制
2、二日酔い予防
3、抗酸化作用
4、花粉症抑制
5、美肌効果
6、ピロリ菌除去

 

1、肝機能障害抑制

長期にわたって生活習慣が乱れたり、大気汚染にさらされたりすると、肝臓に有害な物質が蓄積していく。肝臓にはこれらの物質を無毒化する働きがあり、この際、スルフォラファンは肝臓の解毒作用を促進する。

 

2、二日酔い予防

スルフォラファンはアセトアルデヒドの代謝を促進することが動物実験で報告されていて、二日酔いの予防に効果的です。

 

3、抗酸化作用

スルフォラファンは生活習慣病や老化の原因となる活性酸素を抑制する働きがあります。

 

4、花粉症抑制

ブロッコリースプラウトを抽出したエキスにはスルフォラファンが含まれ、スルフォラファンには花粉症を抑制する作用が動物実験で明らかになっています。

 

5、美肌効果

スルフォラファンには肌のトラブルを予防し、肌を美しく保つ効果があります。

 

6、ピロリ菌除去

スルフォラファンには、ピロリ菌を減菌、殺菌する作用があり、胃腸障害の改善に役立ちます。

 引用:スルフォラファンの効果と効能 肝機能障害抑制,花粉症抑制,抗酸化作用,胃腸障害予防 | サプリメントラボ

 

●さらにブロッコリーは癌予防・改善にも効果があるらしい。

スルフォラファンは肝臓が有害物質や発癌物質を体内に排出する働きを強める力を持っていて、さらにMMTSという成分には癌細胞に変異しかけた細胞を修復する効果があるため癌の予防や改善ができるらしい。

 

以上のような効果があるらしい。

僕にはこの効果を検証する能力はない。

だからこの効果の書かれた記事の信憑性を検証することもできない。

 

今のところこの効果を否定する記事は見つからない。

だからといってこの効果があると断定はできない。

 

もし、ブロッコリーの効果が本当か否かを知りたい人は専門家に尋ねてみてほしい。

 

●おすすめ記事

1日に10~200回は嘘をつく!?社交辞令的嘘(白い嘘)がストレスになる!?

依存症の原因は「遺伝」なのか?それとも「脳の機能障害」なのか?

【名言集】困難に直面したときに読んでほしい名言