【名言集】羽生善治の名言 天才棋士の残した心に響く言葉

f:id:kanifkdlljdl:20161107031244j:plain

●羽生 善治(はぶ よしはる)

(生年月日1970年9月27日 - )
日本の将棋棋士。二上達也九段門下。
1996年2月14日、将棋界で初の7タイトル独占を達成。全7タイトルのうち竜王を除く6つでの永世称号・永世王位・名誉王座・永世棋王・永世棋聖・永世王将)の資格を保持。さらに名誉NHK杯選手権者の称号を保持しており、7つの永世称号の保持は史上初。(羽生善治 - Wikipedia

 

 

“真似” から “理解” へのステップは想像力を培う基礎力になる

 

 

欠点を裏返すと、それがその人の一番の長所であったりする

 

 

波はつくれないが、乗ることはできる

 

 

相手の棋風や出方を考えてしまうと邪心が入ってしまう

 

 

年をとっても伸びていくのはバランス感覚だと思う

 

 

毎回石橋を叩いていたら、勢いも流れも絶対つかめない

 

 

「自分を大事に」という気持ちを振り払って、負けるかもしれないが挑戦し続けようと思った 

 

 

気力がしぼまないポジションをキープしていないと逆転はできない

 

 

真剣にその道を究めようとか、その道ひと筋でやっていこうという人は一種の狂気の世界というか、何かそういう線を越えないと、その先が見えないような気がします

 

 

人間には思考を省略して考えることができる。素晴らしい能力があるのですが、時にはそれが先入観や、偏見となって新しい発想を妨げることもよくある

 

 

将棋に限らず何事も幅広く、そして世間のペースでなく、自分のペースでものを考えたい

 

 

頭のなかに空白の時間をつくることも必要

 

 

わかりそうだけれどもわからないことが一番楽しい

 

 

発見と創造。それこそが私が将棋を指し続ける最大のモチベーション

 

 

独創的な思考や創造的な思考に頭を切り替える時、記憶は足を引っ張ります

 

 

温存しとこうとか、あとで使おうというのはダメで、今持っている力は早く使い切ったほうがいい

 

 

簡単な達成感でも積み重ねることによって自信がついてくる

 

 

マイナス要素の勉強法を採っていたおかげで、長期的な勉強方法の重要性と、そのためプラスの環境に気づき、それを活用する土台になっていた

 

 

積極的にリスクを負うことは未来のリスクを最小限にすること

 

 

考えている中身より、費やしている時間や努力が決断する時の安定剤になる

 

 

経験には諸刃の剣のような側面もある

 

 

ムダな駒は一枚もない

 

 

プレッシャーは、その人の持っている器に対してかかるもの

 

 

人間にはふた通りあると思っている。不利な状況を喜べる人間と喜べない人間だ

 

 

人間の埋もれている力を見いだせた人や発掘できた人たちを “天才” と呼ぶのではないでしょうか

 

 

最終的には同じ結論にたどり着くとしても それまでの時間とプロセスが全く違います

 

 

どれだけ楽しいかが集中力の持続へとつながります

 

 

これは掘り下げる余地がありそうだと感じれば、信念を持って、研究を進めていきます

 

 

相手のよい部分をなるべく見るようにして、できるだけ嫌いな人をつくらない

 

 

役に立たないとか意味がないと思っていることのほうがむしろ重要なんじゃないか

 

 

勝とうとすることはある意味で欲である。その欲が考えを鈍くしたり、踏み込みを悪くする

 

 

信用とはその人に対する期待値

 

 

必ず最後には踏み込んで勝負に出なきゃいけない時がある

 

 

時間の経過とともに生じるズレを自覚していかに調整して自分に合わせていくか

 

 

あまりにもせっかちに勝つことばかりを考えてしまうとどこかで伸びが止まってしまうのではないか

 

 

私は以前、才能は一瞬のきらめきだと思っていました。けれど今は、10年とか20年とか30年とか、同じ姿勢で同じ情熱を傾け続けられることが才能なんだと思っています

 

 

すでに過ぎ去ったことは仕方がない。私は、意識的に先のことを考えるようにしています。反省は勝負がついた後でいい

 

 

不利になっても本筋を追求するのが基本的に大事

 

 

固定観念に縛られてしまうと、未知のものに驚くとか、好奇心が膨らむとかがないので勉強になりません

 

 

勝敗を決するのは高いテンション、自分への信頼、分が悪い時に踏みとどまる根性

 

 

ゆっくり行ったほうが楽しいものが見えるんじゃないか

 

 

(技術の囲い込みをせず研究成果を公にしてきたことについて)自分が思いついたことは、他の誰かも思いついているものなんです、ええ。これは経験則として、ほぼ間違いなくそうなんで。あんまり持っていてもしようがない、というのはあるんですよ

 

 

頭の中に空いたスペースがないと集中できない。対局場に向かうために移動するとき、基本的になにも考えずに窓の外の風景を見たり、将棋に関係ない本を読む

 

 

自分の調子の波を極力小さくして常にフラットに近いような状態に持っていく

 

 

新しい戦型は実戦で試して一度負けないとマスターできない

 

 

将棋における人生と日常生活での人生とをドライに割り切っていくほうがいい

 

 

リスクの大きさは、その価値を表しているものだと思えば、それだけやりがいが大きい

 

 

定跡を学ぶことと独創的なことをすることは相反する

 

 

最大の魅力は力が上がれば上がるほど、おもしろみも増していくということ

 
 

●関連記事

【名言集】羽生善治の名言 稀代の天才棋士が残した深すぎる言葉

 

●名言集

【名言集】 イチローが残した不滅の名言

【名言集】生きる勇気がほしいときに読んでほしい名言

【名言集】人生が苦しいと思ったときに読んでほしい名言