読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【文章技術上達法】本を読むだけではダメ!ただ書くだけでもダメ!文章力は「本を読む⇒文章技術を盗む⇒書く」を繰り返さないと高めることはできない

自己啓発

文章技術上達法

本を読む⇒文章技術を盗む⇒書く

●書くだけではダメ 読むだけでもダメ

書けば書くことに慣れることができる。慣れることができれば文章を書くことが苦痛ではなくなる。苦痛がなくなれば長時間書き続けることができる。長時間書き続けることができれば文章力が自然と身につく。

 

この理論は真実だと思う。

 

多少の文章力はこの理論を実践すれば身につけられるだろう。

 

でも、この理論を実践して、友達や家族に誇れる文章力を身につけることができる人は一部の天才だけだ。ほとんどの人はあまり文章力が向上しない。

 

なぜか?

 

文章を書いているだけでは文章技術は身につかないからだ。

 

それは本をたくさん読んでいる人も同じだ。たくさん本を読んだとしても文章がほとんど上達しない。上達するのは一部の天才だけだ。ほとんどの人はどれだけ本を読んでもあまり文章技術が上達しない。理由はただやみくもに本を読んでいるだけでは文章技術は身につかないからだ。

 

文章技術を身につけよう、本からその技術を盗み自分のものにしようという気持ちで本を読まなければ、文章力はほとんど向上しないのだ。そしてその盗んだ技術を実際使ってみる。

 

本を読む⇒文章技術を盗む⇒その技術を実際に使う

 

このサイクルを繰り返さないと文章力を高めることはできない。

 

ただやみくもに書いているだけでは、ただ本を読んでいるだけでは、文章力は向上しない。このサイクルを繰り返すことで文章力は高めることができるのだ。

 

自分は本を読むだけ、書いているだけで文章力をプロレベルにまで高めることができると自惚れないほうがいい。自惚れは人の成長をとめる。成長したいのなら、自惚れずに地道に文章力を上げる努力をしたほうがいい。そのほうが確実に文章力を高めることができる。

 

実例をひとつ紹介しようと思う。

 

あるところにライトノベルが三度の飯より好きという男性がいた。男性はライトノベルをどっさり買い込んできては、貪るように読み、ライトノベルに関しては何時間でも熱く語れるような男だった。

 

あるとき、男性はファンタジー小説を書いた。初めての執筆だった。

 

男性は書き終えた小説を知り合いに読んでもらった。

 

その知り合いはこう言った。

「文章が下手だね」

 

この言葉を聞いた男性は二度と小説を書かなかった。

 

ただ本を読んでいるだけでは良い文章は書けないことがわかっていただけたと思う。


僕自身もかつて本ばかり読んでいた時期があった。文章も書いていた。でも、ほとんど文章力は身につかなかった。本から文章技術を盗もうとしなかったからだ。そして傲慢だった。文章の練習しなくても上達すると思っていた。そんなアホな人間だった。アホな人間だったから無駄に本を読み、無駄に文章を書き続けた。そして貴重な時間と労力を無駄にした。

 

僕と同じように時間と労力を無駄にしないためにも本を読み、その中の技術を盗み、その技術を応用する習慣を身につけてほしい。

 

文章教室に行って学ぶほうが個人的に学ぶより効率よく技術を習得することができる。自分ひとりで文章の勉強を続ける自信がない人は文章教室に行ったほうがいいだろう。でも、自分ひとりで学ぶ場合はただ読むだけ、書くだけでは文章力はほとんど上達しないと認識しておいたほうがいい。そうすれば僕のように時間と労力を無駄にせずにすむ。

 

もちろん、文章教室に行ったとしても文章技術が身につくとはかぎらない。実際、どれだけ文章教室に通っても身につかない人もいる。身につかない原因のひとつにノートに技術知識を書き写して満足してしまうものがある。ただノートに学んだことを書き写して終わり。復習することもその技術を使って文章を書くこともしない。そういう人がいる。それでは技術は身につかない。

 

「キャリアポルノ」という言葉をご存知だろうか?

 

「キャリアポルノ」とは、自己啓発本などの本を、ただ読んだだけで満足し、その本で学んだことを実践しないという意味の言葉だ。

 

「モテる男の実践していること」「緊張しない10の方法」「うつ病にならない方法」などの本を読んで「なるほど」と納得し、満足し、それで終わり。あとはその本のことなど思い出しもしない。当然、その本に書かれていたことを実践もしない。このような生き方をポルノキャリアと言う。

 

ビジネス書読んでる奴は終わってる。キャリアポルノの罠 - NAVER まとめ

 

文章教室に行って、ただ文章技術の知識をノートに書き写して満足してしまっている人はこのキャリアポルノという言葉を体現していることになる。

 

そんな生き方では文章技術を身につけることはできない。キャリアポルノ状態から抜け出さないかぎり文章力は高めることはできない。

 

もし、キャリアポルノ状態に陥っている人がいたら、今すぐその生き方をやめたほうがいい。やめて学んだ文章技術を使って文章を書こう。そうすれば文章力を高められるはずだ。

 

●おすすめ記事

おみくじにも働く可能性があるプラシーボ効果 プラシーボ効果とは?

1日に10~200回は嘘をつく!?社交辞令的嘘(白い嘘)がストレスになる!? その理由を説明しようと思う

依存症の原因は「遺伝」なのか?それとも「脳の機能障害」なのか?治すことは可能なのだろうか?