読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【名言集】【イチロー】 イチローが残した心に響く名言

名言

f:id:kanifkdlljdl:20161227092425j:plain

イチロー
本名:鈴木 一朗
生年月日:1973年10月22日
プロ野球選手(外野手)
血液型はB型。

 

2016年。MLB通算で3000本安打、500盗塁、さらにNPB/MLB通算でのプロ野球における通算最多安打数(ギネス世界記録)を樹立するなど活躍している。

イチロー - Wikipedia 

 

イチローが残した心に響く名言

 

 

小さいことを積み重ねるのが、とんでもないところへ行くただひとつの道だと思っています

 
 

子供の頃から人に笑われてきたことを常に達成してきているという自負はある

 
 

しんどい思いは早くしておくことですね。早い段階で

 
 

(何歳までプレーしたいのか?)最低でも50歳

 
 

他人が言う成功を追いかけ始めたら何が成功か分からなくなってしまいます

 
 

高い目標を成し遂げたいと思うなら、常に近い目標を持ちできればその次の目標も持っておくことです。それを省いて遠くに行こうとすれば、挫折感を味わうことになるでしょう。近くの目標を定めてこそギャップは少ないし、仮に届かなければ別のやり方でやろうと考えられる。高い所にいくには下から積み上げていかなければなりません

 
 

プロ野球選手は怪我をしてから治す人がほとんどです。しかし、大切なのは怪我をしないように普段から調整することです。怪我をしてからでは遅いのです

 
 

何かをしようとした時、失敗を恐れないでやってください。失敗して負けてしまったら、その理由を考えて反省してください。必ず将来の役に立つと思います

 
 

どんな負けかたをしようと1日に2敗することはありません

 
 

びっくりするような好プレーが、勝ちに結びつくことは少ないです。確実にこなさないといけないプレーを確実にこなせるチームは強い

 
 

本物でないものはすぐに見破られます

 
 

アップの時には全力で走るとか、早く来て個人で練習しているとか、そんなことは僕にとって当たり前のこと

 
 

僕が数字で満足することはあり得ません。なぜなら、数字が内容を反映しているとは限らないからです。目標を設定してそこに到達すれば、そこで満足してしまって先へ進む努力をしなくなるでしょう。毎打席何かしら学ぶべきこと改良すべきことがあります。満足は求めることの中にあるんです

 
 

自分を殺して相手に合わせることは、僕の性に合わない。まして上から色々言われて、納得せずにやるなんてナンセンスだと思います

 
 

「できなくてもしょうがない」は終わってから思うことであって、途中にそれを思ったら 絶対に達成できません

 
 

世の中の常識を少しでも変えるっていうことは、人間としての生き甲斐でもありますから

 
 

形振り構わないで 自分の行きたい道を進むこと

 
 

パワーは要らないと思います。それより大事なのは 自分の「形」を持っているかどうかです

 
 

ハイレベルのスピードでプレイするために、僕は絶えず体と心の準備はしています。自分にとって最も大切なことは、試合前に完璧な準備をすることです

 
 

チームに乗せてもらうことはありますが、そういう時は少ないのです。チームの流れとは別のところで、自分をコントロールしてきたつもりです

 
 

練習で100%自分を作らないと打席に立つことは出来ません。自分の形を見付けておかないと、どん底まで突き落とされます

 
 

自分が全く予想しない球が来た時に、どう対応するか。それが大事です。試合では打ちたい球は来ない。 好きな球を待っていたのでは終わってしまいます

 
 

バットの木は 自然が何十年も掛けて育てています。僕のバットはこの自然の木から手作りで作られています。グローブも手作りの製品です。一度バットを投げた時、 非常に嫌な気持ちになりました。自然を大切にし、 作ってくれた人の気持ちを考えて 僕はバットを投げることも地面に叩きつけることもしません。プロとして道具を大事に扱うのは当然のことです

 
 

ここまで来て思うのは、まず手の届く目標を立て、ひとつひとつクリアしていけば最初は手が届かないと思っていた目標にもやがて手が届くようになる ということですね

 
 

手抜きをして存在できるもの 成立することがおかしい

 
 

結果を出せないと、この世界では生きていけません。プロセスは野球選手としてではなく人間をつくるために必要です

 
 

夢は近づくと目標に変わる

 
 
キャンプでいろいろと試すことは、ムダではありません。ムダなことを考えて、ムダなことをしないと伸びません 
 
 
前向きに食事をし、前向きに買い物をした。何事も前向きに行動することが可能性を生む 
 
 
自分自身が何をしたいのかを忘れてはいけません。 
 
 
憧れを持ちすぎて、自分の可能性を潰してしまう人はたくさんいます。自分の持っている能力を活かすことができれば、可能性は広がると思います 
 
 
自分の思ったことをやりつづける事に後悔はありません。それでもし失敗しても後悔は絶対に無いはずですから 
 
 
考える労力を惜しむと前に進むことを止めてしまうことになります 
 
 
同じ練習をしていても、何を感じながらやっているかで全然結果は違ってくるわけです 
 
 
妥協は沢山してきた。自分に負けたこともいっぱいあります。ただ、野球に関してはそれがない 
 
 
重圧がかかる選手であることは誇りに思う 
 
 
首位打者のタイトルは気にしない。順位なんて相手次第で左右されるものだから。自分にとって大切なのは自分。だから1本1本重ねていくヒットの本数を、自分は大切にしている 
 
 
実戦でないとできないことがあります。一瞬の判断は練習では養われません 
 
 
自分の限界を見てから、バットを置きたい 
 
 
自分がわからないことに遭遇するときや、知らないことに出会った時に、「お、自分はまだまだいける」と思います 
 
 
逆風は嫌いではなく、ありがたい。どんなことも逆風がなければ次のステップにいけないから 
 
 
何かを長期間、成し遂げるためには考えや行動を一貫させる必要がある 
 
 
汚いグラブでプレイしていたら、その練習は記憶には残りません。手入れをしたグラブで練習をしたことは、体に必ず残ります。記憶が体に残ってゆきます 
 

●関連記事

【名言集】 イチローが残した不滅の名言

 

●おすすめ記事

【名言集】困難に直面したときに読んでほしい名言

【名言集】羽生善治の名言 稀代の天才棋士が残した深すぎる言葉

【名言集】生きる勇気がほしいときに読んでほしい名言